PLOFILE


窪嶋 真弥( Maya Kuboshima)

くぼしま まや

 

整理収納・ライフアドバイザー

DESIGN LIFE 主宰 神奈川県川崎市

1979年兵庫県生まれ 

男児2児の母

 

整理収納アドバイザー

住宅収納スペシャリスト

ルームスタイリスト1級

 

 

 

 

 

 

マイホーム新築をきっかけに苦手が片付けに興味を持ち、また、男児2人育児の中で子育てのどん底を味わい、母として、自己肯定感が低くなった経験から、環境や暮らしを整える重要性を体感する。

環境や思考を整えたことで暮らしがラクに楽しく、そして自己受容できるようになった経験を元に、現在は、自分らしい人生をデザインできるママを増やしたい!をモットーに、セミナーやお片づけサポートで活動中。

住宅メーカー等でのセミナー開催、キッチン収納スタイリング、テレビ・ラジオにも出演。

 

 

【資格】

整理収納アドバイザー1級

住宅収納スペシャリスト

ルームスタイリスト1級

 

 


想い


ご訪問頂きありがとうございます。

 

私は特に輝かしい職歴や経歴もなく、23歳で結婚をしました。

子供を産んだらしっかり子供を見てあげたいと思い、専業主婦として10年間育児に奮闘していたけれど、

実家にも頼れず、いっぱいいっぱいに感じることも多々ありました。

 

子育てに悩んで泣いた事も沢山あります。

働いていないのに、なんで自分はこんな不器用な母親なんだろう・・と、

どこかで自分を責めていました。

 

まわりのママたちがみんな素敵に見えて、自分に自信のなかった私は、

自分を好きになれず、自分の事を大切にすることすら忘れていました。

みんなはスマートに子育てしているように見える。

“お母さん”としてずっといるのは、しんどく感じてしまう事もあり、

でも、母親なんだからこんな事思っちゃダメなんだ、

と自分の感情にフタをし、

専業主婦なんだから、お部屋もきれいにして、料理も頑張って、

子供を外に連れ出して・・・と、

自分が勝手に作り上げた理想のママになれなくて、落ち込む事もありました。

 

いいママにならなきゃ!と思えば思うほど、

自分の理想とは全然違う現実に、ため息をついていました。

自分軸もなく、他人軸で生きていました。

 

でも、それってやっぱり生きづらいし、苦しい。

子育てを通してそんなことに気づかせてもらえました。

 

私って母親でもあるけど、ひとりの女性。

生まれてきたからには、女性としてどんな人生が送りたいかな?私らしさってなんだろう?

と、自分と向き合うようになりました。

子供の人生と私の人生は別のもの。

人生の舵をきるのは本人にしかできない事。

誰のために生きるでもなく、自分の人生を自分らしく生きる事。

そのために、自分の中にあった数々の思い込み、不要な思考や感情を少しずつ手放していきました。

 

お片づけはマインドととても深いつながりがあります。

空間が整うと心も整っていきますが、それには、

“自分を知る”ということがとても大切になってきます。

自分を知らないと、自分にとって何が大切かわからなくなります。

こたえはあなたの中にあります。

あなたの心にしたがって、「選ぶ」こと、「手放す」ことを積み重ねて欲しいのです。

 

自己肯定感の低かった私が、暮らしやマインドを整えてきて感じたこと、経験を活かしながら

ついついひとりで頑張ってしまうママ、自分を責めてしまうママ、

片付かないのは自分のせいだと思っているママ、

そんなママや女性のお手伝いをしていきたいと思っております。